無塩食講座から
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無塩食友の会」「無塩食講座」HP移転のお知らせ
皆様、こんにちは。

この度、HPの載せ換え作業を行ないました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

「無塩食友の会」はこちら→http://muenshoku.web.fc2.com/
「無塩食講座」はこちら→http://muenshoku.web.fc2.com/kouza30sin.htm
「新無塩食講座」はこちら→http://muenshoku.web.fc2.com/sinkouza2.htm
スポンサーサイト
穀菜食レシピ⑤(旧半断食セミナーレシピ)
かぼちゃ・たまねぎの味噌煮



【材 料】 
 かぼちゃ 玉ねぎ  ごま油   麦味噌  
 ※かぼちゃとたまねぎは同量くらい

①かぼちゃは一口大、玉ねぎは大きさをそろえた乱切りにする。
②鍋にごま油を熱し、玉ねぎに油が回ったら片寄せし、かぼちゃを軽くいためる。
③②がひたひたになる程度に水を入れ、麦味噌を適量のせ、ふたをしてことこと煮る。煮えてきたら、ふたを取って、水分をとばす。(箸などで混ぜると煮崩れするので、鍋を振って混ぜあわせること)。

白菜(と小松菜)ロール




【材 料】 
 白菜適量 (小松菜適量)  塩

【作り方】
①白菜を半分に切って、根元に切り込みをいれる。
②(小松菜の根元に切り込みを入れる)。
③①(②)をひたひたより少し多めの湯でゆでる。
④①(②)をざるにとって、水気を切り、さます。
⑤まな板に、白菜を葉の柔らかい部分と硬い部分が互いちがいになるよう重ね合わせる。(その上に小松菜を互い違いに乗せる)。
⑥ロール状になるように手でまき、切り分けて器に盛る。くずのあん(ゆず味噌味)、ポン酢などをかけても美味しくいただける。

大根と揚げのロール巻き



【材 料】 
 大根適量  薄揚げ2枚  人参適量  だし汁

【作り方】
①大根は2~3ミリのかつらむきにし、さっと煮てしんなりさせ、人参は細長い角切りにし、薄揚げは湯につけて油分をおとしから開いておく。
②開いた揚げにしんなりしたかつらむき大根を2層くらい敷き、端に人参をおいて芯にして巻き、かんぴょうまたは爪楊枝でとめる。
③②をひたひたの出し汁としょう油で煮詰める(出し汁1Cにしょう油大匙3分の2)。

串カツ



【材 料】(4本分)
 長ネギ 1本 
 しいたけ 2枚
 こうふう 4片 車麩 1個
 薄力粉 パン粉

【作り方】
①長ネギは、5センチ位に切り分け、しいたけは4等分にする。
②麩は、しいたけスープで戻してから、よく煮含めて下味をつけ4等分にする。
③こうふうは、生姜醤油で下味をつけておく。
④ 串に、長ネギ、車麩、こうふう、しいたけを刺し、しっかり薄力粉をつけてから、水溶きした薄力粉にくぐらせ、余分な薄力粉をおとしてからパン粉をつけてからりと揚げる。

トマトサラダ




【材 料】 
トマト3個  玉ねぎ2分の1個  パセリ(バジル) 塩  酢 こしょう オリーブオイル

【作り方】
①トマトは、少し厚めの輪切りにしておく。
②パセリ、玉ねぎはみじん切りにする(バジルの場合は、手で小さくちぎる)。
③玉ねぎに酢、塩、こしょう、少量のオリーブオイルを加え、味付けする。
④器にトマトを並べ、軽く塩をしてから、③をかけ、最後にパセリ(バジル)を散らす。








穀菜食レシピ④(旧半断食セミナーレシピ)
三種のネバネバ冷奴





【作り方】
①モロヘイヤはよく洗ってから、葉を1枚ずつ丁寧にちぎり、やわらかくなるまで塩ゆでにする。
②オクラ洗ってヘタの部分を包丁で切り、2分ほど塩ゆでにし、2~3等分にして竹串で種を取り除く(種は渋みがあるので、大きいものはきれいにとること)。
③長いもは皮をむいて、ビニル袋に入れ、すりこぎなどで叩いてつぶす。(粘り気のある大和芋の場合は、おろし金ですりおろし、出し汁でうすめるとよい)。
④豆腐は人数分に切り分ける。
⑤①~④をボールで混ぜ合わせ、しょうゆ、ワサビで味を調える。好みで、大葉や練り梅、ごま油などを香りづけに加えてもよい。
⑥④を小皿に盛り、⑤をかけて出来上がり。

チンジャオロース



【材料】
生こうふう:細切り(生姜汁をまぶしえおく)
ニンニク・生姜:みじん切り
ピーマン:細切り(カラーピーマンがあれば彩がよい)
筍(国産):細切り。平たくおおぶりにスライスした物の方が扱いやすいが、丸の筍の場合はジクの方を細切りにする。
ごま油、豆板醤、醤油

【作り方】
①生こうふうを軽く片栗粉にまぶして、油で揚げる。この時、カリカリにならないよう、柔ら味を残し、しっとり揚げるのがコツ。
②フライパンにごま油を熱し、生姜とニンニクを炒め、豆板醤を加えてさらに炒め、よく混ぜ合わせる。
④③に筍、②、ピーマンの順で加えて炒め、混ぜ合わせ、好みで醤油を加え、味を調える。

生こうふうカツとサルサソース



【材 料】
生こうふうカツ:
 生こうふう、薄力粉、パン粉、生姜汁
サルサソース: 
 玉ねぎ ピーマン  パプリカ  セロリ  
 くず粉  トマトケチャップ  
 米酢またはレモン汁 塩  一味


【作り方】
生こうふうカツ:
①こうふうは、適当な大きさに切り分けて生姜醤油で下味をつけ、しっかり薄力粉をつけてから、水溶きした薄力粉にくぐらせ、余分な薄力粉をおとしてからパン粉をつけてからりと揚げる。

サルサソース:
①玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、セロリは荒みじん切りにする。
②①をあわせ、塩を少々し、水分を少々抜く。
③ケチャップに酢(またはレモン汁)を加えて鍋で熱し、水溶きしたくず粉を流し、濃いとろみをつける。
④②と③を混ぜあわせ、一味で味を調える。

ぺペロンチーノ




【材 料】
スパゲティ 200g
ニンニク 2~3片、鷹の爪 適量
ドライトマト 適量  エリンギ 2~3本
オリーブオイル 大匙2~3、塩少々
青菜(セロリの葉、小松菜、大根葉など) 適量


【作り方】
①ニンニクをみじん切りにする。ドライトマトは荒みじんに切る(ドライトマトを長期保存して使うときは、オリーブオイルにつけこむ)。エリンギは、横に2~3等分くらいに切り、そのあと適当にスライスする。
②鷹の爪をはさみで二つに切って、種を取り除いてから、細い小口切りにする。
③フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクと②を加え、火をいれて焦がさないようによく炒める。
④③にドライトマトとエリンギを加え、さらに炒める。
⑤スパゲティを塩少々を加えた熱湯で茹で、茹であがったら水気を切って、④と茹でて細かく切った青菜を混ぜ合わせ、塩味をつける。   

りんご寒天



【材 料】
りんご 4分の1個
りんごジュース 2.5C
粉寒天3g 水1C 塩少々


【作り方】
①りんごを皮付きのまま、さいの目切りにし、塩を少々加えた湯で柔らかくなくまで蒸し煮にする。
②鍋に水と寒天を入れてよくかきまぜながら煮る。ワーッとあわだったら火を弱める。
③りんごジュースを少しずつかき混ぜながら加え、1分くらいしたら火を止め、①と共に型に流し込む。
④荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、いただく前に適当に切り分ける。


穀菜食レシピ③(旧半断食セミナーレシピ)
☆「自然医学講座」の一環として、穀菜食レシピを公開させていただきます。
☆ これらは、無塩食排毒セミナーを行なう前の「半断食セミナー」の食事のレシピです。
☆ 日常の食生活のご参考になれば幸いです。
☆ PDFファイルに変換できないファイルで作成しているので、このブログで少しずつ紹介させて頂きます。

白和え



【白あえ材料】 
 こんにゃく100g  にんじん適量 
 木綿どうふ1丁    白ごま大匙4  
 水菜2分の1把(小松菜、大根葉やインゲン等でも可) りんごジュース 甘酒少々  塩 麦みそ、しょう油

【作り方】           
①豆腐は、塩ゆでにし、ざるにあげて水分をきる。
②こんにゃくは短冊ぎりにして塩ゆでし、から煎りして、塩、醤油少々で薄味をつけておく。
③にんじんは短冊ぎりにして、塩をパラリと振り、蒸し煮(少量のりんごジュースで煮て甘みをつけてもよい)。
④白ごまをフライパンで軽くいり、すりばちでする。
⑤小松菜をゆで、3センチくらいに切りそろえる。
⑥④に①を入れてすり、さらに②、③をまぜあわせ、塩、麦みそ、しょうゆ(甘酒)で味付けし、色のバランスをみながら、⑤を加える。
 ※写真は、人参、コンニャク、小松菜のかわりに、生の水菜とクコの実を使っています。
  
枝豆すり流し



【材 料】
枝豆 2分の1袋~
玉ねぎ 1個
出し汁(しいたけ、昆布)
白味噌

【作り方】
①枝豆はよく洗ってから塩茹でにし、薄皮をむいておく。
②玉ねぎは、縦半分に切ってから薄くまわし切りにして、なべで軽く木杓子で混ぜながら、蒸し煮にする。
③②がしんなりしたら、だし汁を加え、やわらかくなるまで煮る。
④①に③の出し汁を加え、ペースト状になるまでミキサーにかける(何度か小分けにしてミキサーにかけること)。
⑤④を③に加え、最後に白味噌で味付けして出来上がり。

トマトペンネ



【トマトペンネ材料】
 玉ねぎ3個     にんにく2~3片  
 トマト大3~4個  セロリ1本  スパゲティ(ペンネ)
 バジル4~5枚   パセリ

【ペンネ】
①にんにく、セロリ(葉の部分も)、玉ねぎはそれぞれみじん切りにして、オリーブ油で片寄せしながら充分炒める。
②トマトはへたをとってから4つ切にし、皮付きのまま①に加え(皮の部分が上になるように)、よく煮込む。
③トマトの皮がはがせるくらいの硬さになったら、割り箸で皮をはがし、さらに煮込んで水分をとばし、塩、こしょうで味付けする。最後に、バジルを加える。
※トマトは皮ごと細かくみじん切りにしてもよい。
④スパゲティ(ペンネ)は、熱湯に塩を加えゆでておく。
⑤最後に、④を③にからめて器に盛り、パセリのみじん切りを散らす。

焼きそうめん(そば、うどん)



【材 料】 
うどん又はそば、そうめん 
キャベツ 人参 玉ねぎ もやし 
大根葉や青ネギ等の薬味 紅しょうが

【作り方】
①そうめん、又はそば、うどんは早めにゆで、水分を飛ばしておく。
②人参、玉ねぎ、紅しょうがは千切り、キャベツは適当な大きさに切り、人参、玉ねぎは片寄せしながらいためる。キャベツ・大根葉、もやしはそれぞれ別々に軽く炒めておく。
③フライパンにごま油を熱し、そうめん、うどん又はそばをさらっと箸で炒める。食前に②とあわせ熱し、紅生姜をのせる。

ジャージャー麺 


【材 料】 
長ネギ(太いもの) 中1本(150g)、
にんにく2片  生姜1~2片 
生こうふうミンチ80g(あるいは揚げ2枚)
玉ねぎ大1個 (250g) 
だし汁C1~ 豆味噌70g  うどん1把
もやし1袋  きゅうり適量  レタス適量
豆板醤    ごま油大さじ2 

 【作り方】
①にんにく、生姜、たまねぎ、ネギ(揚げ)はそれぞれみじん切りにする。
②鍋にごま油を熱し、にんにく、生姜、長ネギの青い部分、白い部分、玉ねぎの順に片寄せしながらよくいためる。
③②に生こうふうミンチ(揚げ)を加えてまぜあわせてから、出し汁1C~を加え、火を通し、豆味噌を加える。
④もやしは固めに茹で、きゅうりは斜め千切り、レタスは千切りにする。
⑤うどんをゆでて水を切り、器に盛る(水洗いし、食べる前に温めなおしてもよい)。
⑥⑤に③を盛り、もやしときゅうり、レタスを散らす。
 ※その他の生野菜を色取りに用いても良い。

↓ こんな感じもありですよ。

穀菜食レシピ②(旧半断食セミナーレシピ)
☆「自然医学講座」の一環として、穀菜食レシピを公開させていただきます。
☆ これらは、無塩食排毒セミナーを行なう前の「半断食セミナー」の食事のレシピです。
☆ 日常の食生活のご参考になれば幸いです。
☆ PDFファイルに変換できないファイルで作成しているので、このブログで少しずつ紹介させて頂きます。


生こうふう素揚げ



【材料】
 生こうふう ねぎ 生姜 片栗粉

【揚げこうふうの白髪ねぎのせ作り方】
①生こうふうは適当な大きさに削ぎ切りにし(厚みによって風味が違う)、しょう油と生姜のおろし汁を少々で軽く味付けしておく。
②①にくず粉(片栗粉)をまぶし、からりと揚げる。
ねぎは白い部分を細い千切りにし、みずにさらして水きりをしておく。
③②に③をちらし、お好みで生姜醤油か、おろした生姜をそえる。

高野サンド




【材 料】 
高野どうふ 玉ねぎ 人参 もどしたしいたけ パン粉
薄力粉(地粉)(生こうふうミンチを入れてもよい) 

【作り方】
①高野豆腐はもどして水気を絞り、出し汁に入れ、しょう油をくわえて煮て味付けする。
②玉ねぎ、人参、しいたけはみじん切りにし、玉ねぎから順に片寄せしながらいため、塩で味を整える。
③①の高野豆腐を整形して、三角形または長方形に切り、具をはさむための切れ目を入れる。
④③に②をつめ、薄力粉をまぶし、水溶きした薄力粉に全体をつけてから、具の部分にパン粉をつけからりと揚げる。

そばの実スープ



【材 料】 
そばの実1C  玉ねぎ中3(750g) 人参(色取り) れんこん100g
しいたけ (大根など入れても可)コーン缶詰2C(夏場はとうもろこしをゆでて使う) 
だし汁16C 

【作り方】
①そばの実はよく洗っておく。
②玉ねぎ、人参、れんこん、出し汁をとったしいたけはみじん切りにし、片寄せしながら順に炒める。
③②にそばの実を加えて軽く炒め、出し汁を加えてやわらかくなるまで煮込んでからコーンの缶詰を加え、塩で味を整え、最後にしょう油少々香りづけに入れる。

煮込みうどん



【材 料】
白菜8枚~9枚  玉ねぎ2分の1個
ネギ2本 えのき2分の1袋 青ネギ  羽ネギ
うどん1把  だし汁 しょう油 塩

【作り方】
①玉ねぎは薄い回し切り、白菜の白い部分は繊維にそった千切り、葉の部分はざく切りにする。ネギは白い部分を斜め千切り、青い部分を小口切にする。
②鍋にごま油を熱し、ネギの青い部分をいためて器にとる。次に玉ねぎをいためて片寄せし、白菜の白い部分をいため、えのき、ネギの白い部分をいれ、塩、醤油で軽く味付けする。
③②に出し汁を適量くわえ、煮てからしょう油で味を整える。
④③にゆでたうどんを入れ10分ほど煮込み、器にとったネギと小口切りにした葉ネギをちらす。

あんかけそうめん




【材 料】
もやし2分の1袋 玉ねぎ2分の1個   
白菜4分の1~3分の1個  
にんじん色取り用少々 筍など  
きぬさや2分1パック えのき1袋   
くず粉  葉ねぎ適量 そうめん1袋  

【作り方】
①玉ねぎは回し切り、白菜の白い部分は繊維にそった千切り、青い部分はざく切りにし、人参は千切りにする。ごま油で玉ねぎをいためて片寄せし、人参、白菜の白い部分、(筍)の順でいためる。
②①にひたひたより少し多めのだし汁を加えて煮る。
③②にえのき、白菜の葉を加えて煮込み、塩、しょう油で味つけしてから、くず粉大匙4~5に同量の水を加え、とろみ加減をみながら全体にくわえる。
④そうめんをゆで、出し汁にしょうゆを加えてスープを作っておく。はねぎは小口切、きぬさやは斜め千切りにする。
⑤もやし、きぬさやは食べる直前にフライパンで軽くいため、最後に④に加える。
⑥③のスープを小鍋にとりわけて熱し、ゆでたそうめんをつけこんで温めてから器にもり、⑤をのせてから最後に③のだしを張る。
最後に葉ねぎを散らして出来上がり。


冷製トマトパスタ




【材 料】
完熟トマト2個 アーリーレッド4分の1個  セロリ適量
バジル2~3枚 オリーブオイル 大匙1~2
塩 少々、バルサミコ酢 少々
レモン汁 少々  こしょう少々

【作り方】
①トマトは、くし形に切ってから乱切りに、アーリーレッドは薄く回し切りに、ニンニクは細かいみじん切り、セロリは茎の部分は薄く斜めに切り、葉の部分はみじん切りにする。
②レモンは半分に切って、レモン搾り器で絞っておく。
③トマトは4分の3くらい取り分けて、残りと①の材料をボールに入れ、オリーブオイル、塩、こしょう②のレモン絞り汁、みじん切りにしたバジルを加え味つけしてから、冷蔵庫で冷やしておく。
④スパゲティを茹で、氷水で冷やす。
⑤④と③を混ぜ合わせ、味を整えてから、器に盛り、取り分けておいたトマトをかざりつける。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。